4月号(no.245) 『古来の伝統を守る使命と刀を世に広める責務』 [刀匠 二十五代 藤原兼房 氏]

小誌245号の永田町の風倶楽部は、外国人観光客にも人気の刀・手裏剣の特集です! まず最初は「古来の伝統を守る使命と刀を世に広める責務」と題し、刀匠 二十五代 藤原兼房さんに刀のお話を伺いました。そして、二番目は、「離れた相手に命中させて自分の身を守る武術」と題し、一般社団法人全日本手裏剣術協会の成田理事長へのインタビューです。また、新コナー「江戸の町がやって来た!」では、これも観光客に人気の「和もの芸、江戸紙切り」のお話しを三遊亭絵馬さんにお聞きしました。

今月の安保研コラムは安保政策研究会 理事長で元外務副大臣の浅野勝人 さんの「大企業に欠如している歴史的使命!」と題した寄稿を掲載。そして、今回の元気な会社は、「感情が高ぶった人を検出して犯罪を未然に防ぐ」と題し、感情の解析データによる不審者事前検知システムについて、株式会社FA-MASの関根マネージャーにお聞きしました。好評! 円卓会議レポートは一橋総合安全保障研究所  鈴木理事長様からの寄稿「米朝会談決裂”蘇れ日本”」を掲載中!!